ブルーベリーに魅せられて

カテゴリ:園芸( 1 )




肥料は植物の養分

植物は土の中から養分と水を吸って生長します。

よく植物が育ちにくい土地のことを「土が痩せている」といいますが、これは土壌に養分が足らない、少ない状態のことです。

作物は大きく育つためには養分が必要です。

そのため肥料として足らない養分を補うことが必要になります。

特に植物に必要な3つの栄養素、窒素、リン酸、カリウムのことを肥料の3要素と言い、肥料として補う栄養素です。

この肥料の3要素に続いて重要な要素が、カルシウムとマグネシウムです。これらは必要に応じて与えます。

この他にもモリブデンやホウ酸、鉄、亜鉛、銅、マンガン、塩素、イオウの8種類が植物に必要とされていますが、これらは元から土壌に含まれている量で足りるので、肥料として与えなくても大丈夫です。

しかし、同じ場所で作物を育てたりすると、不足するので、その場合は2~3年に一度、これらの微量要素を施します。

芝などは同じ場所で常に生やしておく植物なので、肥料の微量要素が不足します。

そのため数年に一度モリブデンやホウ酸などを施します。
[PR]



by kaeru210 | 2010-10-23 01:06 | 園芸

ブルーベリーに魅せられました
by kaeru210
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
健康

美容
果物
園芸
芸術
食品
栄養素
治療
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧