ブルーベリーに魅せられて

<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧




黒酢のカロリーはどのくらい?

黒酢は非常に低カロリーです。1日30mlを飲んだとしても、10kcalくらいにしかなりません。

太る心配がないどころか、脂肪の燃焼を活性化してくれるので、肥満解消のためにもおすすめしたい飲み物です。

ただし、ジュースに混ぜて飲む場合は糖分に注意しましょう。

特に炭酸飲料は多量の糖分を含んでいます。

黒酢を混ぜて飲むのもよいですが、あくまでジュースのカロリーとして計算する必要があります。

糖分を抑えたい人は、甘味料を使うのがおすすめです。

ラカンカなどの天然の甘味料は、砂糖よりもはるかに甘いですが、カロリーはわずかです。

また、通常の酢の代わりに料理に使うのもよいでしょう。

黒酢を使った酢豚は、肉類の脂肪の分解を早めるためにも役立ちます。
[PR]



by kaeru210 | 2011-09-28 01:52 | 食品

ホメオパシー療法とは

ホメオパシー療法とは、同種療法によってさまざまな病気を治療するという自然療法のことです。

今から約200年前にドイツ人医師であるサミュエル・ハーネマン氏が開発し、現在では海外の医療機関でも病気の治療に採用されているそうです。

ドイツに訪れた際には、空港や駅などの売店をチェックしてみてください。

普通の売店でもホメオパシー関連のアイテムが販売されていますので、驚かれると思います。

ちなみに、日本においてホメオパシー療法はそこまで広く知られていません。

近年になってようやく知名度が高まりつつありますが、ホメオパシー療法の効果が実証されていません。

そのため、ホメオパシー療法をすすめている医療機関は海外ほど多くないようですね。
[PR]



by kaeru210 | 2011-09-21 13:10 | 治療

ビオチンとは

ビオチンとは、腸内で生成されるビタミンの一種で、ビタミンB7と呼ばれることもある栄養素です。

ビオチンは、ひと昔前はあまり重要視されていませんでしたが、近年では研究が進んだこともあり健康には欠かせない栄養素となっています。

ビオチンにはさまざまな効果が期待できますが、特に注目されているのがアトピーの予防・改善効果です。アトピー患者にビオチンの摂取を勧めている病院もあるほどで、今やアトピーの改善には欠かせない栄養素といっても良いでしょう。

ただし、ビオチンにはL型とD型があり、D型のビオチンを摂取するとアトピーが悪化してしまうこともありますので、注意が必要です。

したがってサプリメントでビオチンを摂取する際は、製造メーカーにビオチンの種類を確認したほうが良いかもしれません。
[PR]



by kaeru210 | 2011-09-15 15:21 | 栄養素

育毛剤と精力剤

薄毛や抜け毛の予防には欠かせない育毛剤。

なかでも人気急上昇中なのが、フィナステリドを使用した育毛剤です。

フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の改善に効果を発揮しますが、精力が減退するという副作用が報告されています。

最悪の場合、EDに陥ってしまうこともありますので、使用には注意が必要です。精力減退をカバーするために精力剤を飲めば良いのでは、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、フィナステリドと精力剤を同時に摂取すると心臓に大きな負担がかかってしまい、心筋梗塞を引き起こすリスクもありますので、絶対に併用しないようにしてください。

ちなみにフィナステリド含有の育毛剤は医薬品となるため、医師の処方が必要となっています。
[PR]



by kaeru210 | 2011-09-05 20:38 | 健康

ブルーベリーに魅せられました
by kaeru210
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
健康

美容
果物
園芸
芸術
食品
栄養素
治療
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧